とんとんの惑星予報

西洋占星術予報士とんとんのオフィシャルHPです!


HOME 占いの元  プロフィール リンク  メール
特定商取引法に基づく表示


こんにちは、惑星予報士のとんとんです!

勝手にこんな肩書きを作ってみました。
気象予報士みたいでしょ!

星座の星占いはギリシャ神話を例えにして神秘的でお洒落で面白くて、漫画のモチーフに使われるし魅力的だけど、何でこんな事が言えるの?と疑問でした。でも、私はまいいやとほったらかしでした。いつも誰かがこう言ってました。「星座占いって当たらないし、適当だし、くだらないよね」と。でもはっきり言えないけど私はくだらない事はないと思っていました。

ある日の事です。調べよう!と突然行動に出ました。 来る日も来る日もググりまくって寝ずに朝までネットサーフィン。 西洋占星術の面白い深みにハマっていきました。本当はと〜ても奥が深くて10個の惑星、12のサイン(星座)、12のハウス、そして複雑に絡み合うアスペクトで成り立っているんですね。(本当はもっとあります。)

そしてホロスコープを読めるようになると「だから今日カッカしてる人が多いんだ」とか、 「楽しかったよかった〜」とかが分かるようになったのです。
ホロスコープが読めると自分が冷静になれたり思い切った行動に出れたりと、 毎日の生活がお得になってきたのです。 あと自分の性格、癖や上手くいかない原因も分かったり。

天気予報の「洗濯日和です」とか「折りたたみ傘を持って出かけた方がいいです」とかのように、 西洋占星術を使ったお得になる情報を私だけでなくあなたに、日本中がスタンダードになるように と願いサイトを立ち上げました。



経歴
小学生の頃、たまたま家にあったルネ・ヴァンダール・ワタナベさんの「星たちからのメッセージ」という本に出会い12星座の特徴と支配星などその面白さにハマる。

大人になってから、ジョナサン・ケイナーさんの12星座の運勢の記事に衝撃を受ける。
「私の状況を何で知ってるの!?」「何これ意味わかんない!?」といった感じ。
ジョナサンの文章は哲学的でとっても意味が分からないのですwこれ魅力。

鏡リュウジさんがTV番組で個人のホロスコープを解説していて「この人の本を買おう」と思う。

本やネットを読み漁り独学中にMISTYタウンというSNSサイトを知り、アマチュア占い師として力試しに無料で沢山の人を占う(メールでの会話)。この時のハンドルネームが「とんとん」

その後、プロで占い師やりませんか?とオファーが来る。
現在にいたる。

西洋占星術の古典・近代を使用し、その人にやってくる運勢や生まれ持った物や日取り、相手の気持ちなどを占う。生年月日が分からなくてもホラリーの技法で占います。




戻る